跳到主要内容
酒店景观

竹富島风之谷部落酒店 星のや竹富島by studio on site

作者: 2022-03-012022年03月02日暂无评论

概念

星星和竹富岛中,总延长グック4.4公里的称为石積み传统天空在度假村全体的骨骼。

客房区形成了“井然形式”,大家都聚集形成了公共区域的“グスク形式”的两种模式组成,这些信息源了度假村的风景和在那里的体验提供被计划。2个时代中诞生的这个地方独特的形式感中,分别是开放的私生活,依次连接到不同的风景和乐趣,考虑到强混合也将被讨论。

グック包围的景观,森林保护村落,离岛的生产的风景——田地,牧草部署地等岛由来的风景,去新胜地,同时也是岛的一部分就是去とけ込ん意图。游泳池区域的すり钵地形,是为了积累グック琉球石灰岩采矿遗址,因此游泳池的形状设计和材料采购的融合的形态也可以说。这个区域是没有海滩这个度假村中心成为了很大的风景,它是水和绿色和巨大的天空组成。

竣工2012 – 04

规模67249.79 m2

地址会在八重山郡竹富町冲绳县

 

星のや 竹富島

詳細情報

コンセプト

星のや竹富島においては、総延長4.4キロにわたるグックと呼ばれる伝統的空石積みがリゾート全体の骨格をなしている。

客室ゾーンを形成している「井然形式」、皆が集うパブリックゾーンを形成している「グスク形式」という2つのパターンから成り、これらが組み合わさってリゾートの風景とそこでの体験を提供するよう計画された。2つとも時代の中で生み出されてきたこの地方独特の形式だが、それぞれが開放感の中のプライバシー、次々に違う風景へとつながる楽しさを念頭にベストミックスが検討された。

グックで囲まれた景観に集落を守る森、離島の生産の風景である畑、牧草地など島由来の風景を配置して行き、まさに新しいリゾートでありながら島の一部としてとけ込んで行くことを意図している。プールゾーンのすり鉢地形は、グックを積むための琉球石灰岩採掘の跡地であり、従ってプールの形状はデザインと材料調達の融合した形態とも言える。このゾーンはビーチを持たないこのリゾートに取って中心となる大きな風景であり、それは水と緑と大きな空で構成されている。

竣工2012-04

規模67249.79m2

住所沖縄県八重山郡竹富町

内容基本設計、実施設計、設計監理

担当長谷川浩己、鈴木裕治、金井幸雄、須貝敏如

施主株式会社星野リゾート

共働建築:東 環境?建築研究所 照明:ICE都市環境照明研究所、ランドスケープ構造:リズムデザイン、建築構造:KAP、設備:ハルス建築環境設計

发表评论

  • 有问题加我微信