跳到主要内容
广场街道

日本老街区传承馆 真壁伝承館 by studio on site

作者: 2021-06-232021年06月24日暂无评论

概念

占地历史街道的中间,字面旧真城市中心,这个新的地方,总是人来来往往,真正意义上的街道的中心目标。过去这里的停车场和公园是一旦被解体新建筑布局同时被重新编制。“重36”和一系列的溯河洄游性动线,线本身提供了各种各样的立足之地,现有的街道和相邻的神社等一起,被分散部署的各种各样的建筑功能的连接在一起。分别在相邻互相分享互相补充,随时都有谁,这种场轻松路过这里希望出现的。

竣工2011 – 06

规模5,692 . 6米2

地址桜川市茨城县的真198 – 1真町

真壁伝承館

詳細情報

コンセプト

敷地は歴史ある街並みの真ん中にあり、文字通り旧真壁町の中心にあるが、この新しい場所がいつも人が訪れ、行き交う、本当の意味での街の中心となることを目指した。かつてここにあった駐車場や公園はいったん解体されて新しい建築レイアウトと共に再編成されている。「みちひろば」とよんだ一連の回遊動線が、それ自身が様々な居場所を提供しながら既存の街並みや隣接する神社などと共に、分散配置された様々な建築の機能をつなぎ合わせる。それぞれが隣り合いお互いに補完し合うことによって、いつでも誰かが居て気軽に通りかかる、そういう場がここに出現することを願っている。

竣工2011-06

規模5,692.6 m2

住所茨城県桜川市真壁町真壁198-1

内容コンペ、基本設計、実施設計、設計監理

担当長谷川浩己、鈴木裕治、金井幸雄、亀山本果

施主五洋建設

共働建築:設計組織ADH、照明:FORLIGHTS、構造:オーク構造設計、設備:環境エンジニアリング、サイン:KMD

发表评论

  • 有问题加我微信